忍者ブログ





ビンボー人の ビンボー人による ビンボーカスタムのページです。   自分の覚書のページなので、寄り道したり脱線したり・・・
バイクや車のビンボーカスタム、ビンボーメンテナンスのブログかな。 あとは貧乏人のグルメ旅(^^)v
10 2017/11 1 2 3 45 6 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(11/07)
(08/14)
(07/05)
(06/08)
(04/25)
(08/14)
(05/10)
(04/19)
(03/21)
(01/27)
(11/11)
(11/04)
(10/28)
(09/28)
(07/11)
(02/23)
(02/21)
(02/03)
(01/19)
(01/10)
(12/28)
(11/03)
(09/21)
(09/19)
(08/19)
[06/07 緑の忍者]
[05/04 やま]
[09/23 teshi]
[03/31 鹿間 康則]

09.28.12:16

スカイウェイブ スピーカーインストール

友達のスカイウェイブにスピーカーをインストールすることになりました。

とりあえず、ハンドル下の小物入れをほとんど使わないそうなので、ここに入れることに。
フロントフォークのオーバーホールも頼まれているので、とりあえずバラしました。


ここまで来ると小物入れの内箱の部分も外せることが分かったので、撤去してスピーカーを入れるスペースを確保。
その後 仮にカウルを組みなおしたところ↓(^◇^)

広くていんじゃな~い??(*'▽')))
直径的には4インチのスピーカーを入れられそうだったので、防水スピーカーを調達。


ここまではいいんですが、小物入れカバーの加工で一苦労。。。
外した小物入れカバーに穴を開けて仮組みすると・・・


スピーカーは平面に付けるように設計されている為、カバーの湾曲に合わないのです( 一一)


隙間のパテ埋めなどいろいろやったのですが不安定要素が多く、また時間が勿体ないので
1からスピーカーインシュレーターを作ることに・・・


材質は、加工性と音質の向上を目指して、固めの木材で作ります。
木なら、スピーカーフレームの振動を吸収してくれるので、元々の小物入れのフタ(プラ)よりずっといいはずっっ

スピーカーは、コーン以外振動してはいけないのですよ。
フレームは重く硬い物でがっちり固定し、コーンの振動を飽和させないのがいい音のコツです。


ではまず、2センチ厚の板をいい形に切り、スピーカーホール(100mm)を空けました。

スピーカーホールの周りの鉛筆線は、スピーカーの固定に必要なマージンです。
この鉛筆線の外側だけを削っていく目標にします。


こんな感じ(^^♪




で、ふくよかな曲線になるよう、
先ほどの鉛筆線の外側を少しずつ削っていきます。

だんだんよくなってきたねぇ(^^)



こんなもんかな??( ..)φ




形が上手くいったら800番のサンドペーパーで磨き目を消しながらスムージングをし、1200番のサンドペーパーでぴかぴかに磨きます。




最後に、防カビ用のシーラーを塗ってからカーボン柄のカッティングシートを被せ、裏側はタッカーで固定していきます。

バイクのシート貼り換えと同じね。




ではでは、スピーカーを固定して完成です。







ジャジャジャーン(^O^)/☆



『リアル3Dカーボンシート』ってやつを使用しました。
プリントではないので、手触りも鈍い輝きも上質感でいっぱいです(*^^)v

我ながらうっとり♪
おまけにもう一枚撮っちゃおっ(笑)



うれしいから右もパチリ(笑)




実は、スピーカー固定用のネジが以外に高いのを使っています。
ステンレス製のスターヘックスネジというもので、ネジ頭がかっこいいので採用しました。

製作にかかった時間は、雨に邪魔されながら2週間かかっちゃいましたとさ。。。
お疲れ様でした。
あいつ喜んでくれるかな~

拍手[0回]

PR
△このページ最上部へ



URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら