忍者ブログ





ビンボー人の ビンボー人による ビンボーカスタムのページです。   自分の覚書のページなので、寄り道したり脱線したり・・・
バイクや車のビンボーカスタム、ビンボーメンテナンスのブログかな。 あとは貧乏人のグルメ旅(^^)v
08 2018/09 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(05/24)
(05/10)
(11/07)
(08/14)
(07/05)
(06/08)
(04/25)
(08/14)
(05/10)
(04/19)
(03/21)
(01/27)
(11/11)
(11/04)
(10/28)
(09/28)
(07/11)
(02/23)
(02/21)
(02/03)
(01/19)
(01/10)
(12/28)
(11/03)
(09/21)
[06/07 緑の忍者]
[05/04 やま]
[09/23 teshi]
[03/31 鹿間 康則]

09.21.13:07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/21/13:07
△このページ最上部へ



03.21.17:00

3Dプリンター 【XYZ ダ・ヴィンチ】の、カートリッジリセッター自作

3Dプリンター ダビンチ1.0Aを所有しているのですが、フィラメントがカートリッジ式で汎用品が使用できません。

XYZprinting純正のフィラメントカートリッジにはICチップが内蔵されており、残量や色、材質や最適温度などなど、沢山の情報が書かれています。
このICチップをリセットできれば、社外品のフィラメントが使用できるはずです。

XYZprinting純正のフィラメントだと、120M入りで3000円くらい。
汎用品フィラメントだと、400Mで3000円以下で買えるんです。・゚・(ノД`)・゚・。
しかも汎用品フィラメントなら、紫外線で色が変わる物や、色々な色のものが販売されています。

どうしても汎用品が使いたいので調べてみると、数年前まではカートリッジのICチップリセッターが海外では売っていたようなのですが、現在のファームウェア(V1.2以降)では使用できないそうです。
ファームウェアの中で、カートリッジのデータの矛盾をチェックする仕組みが組み込まれたそうです。
最新版はどこでも買えないのかと憂慮していたのですが、ちょっと時間が出来たのでリセッターを自作してみることに。


※2018.1.10 追記
ネットでも同様の事をやっている方がいますが、不具合に関してはなぜか書かれていませんね。
解析してみたところ、皆さんが利用しているネットで拾ってきたソースに間違いがあり、環境によって使用できなくなることがあるはずです。
不正なカートリッジの利用をカウントしていて、ある一定の量になるとエラー003を吐いたりするようですね。

私もこれに悩まされましたが、ファームウェアを解析していて、逃げ道を見つけました。
この辺は後で記事にする予定です。
※追記ここまで

ってことで、今度は私が1からリセッターのソースを書きあげてみました。
ICチップのバイナリの解析が完了しましたので、材質書き変えや色の書き換えなども解析済みです。

一部、メーカーからのリーク情報も活用しました(笑)
大人の事情ってことで、詳細は書きません。

いきなりですが『da vinci Resetter』 完成('◇')ゞ 


今後の本体ファームアップでも問題ありません。
機器にリセット暦は残らないようにしてありますので、メーカーのアフターサポートも問題無しです。


( ̄ー ̄)ニヤリ

・世界初?!最新ファームウェアにも対応!(笑)
・逆接や接触不良を避けるため、ケースを工夫してみた。
・電圧が不安定になるとうまく行かないようなので、乾電池ではなくUSB電源で逃げる(笑)

・Davinci1.0/1.0A/2.0/2.0A/1.1plusなど、動作可能報告を沢山頂いています。





XYZprinting Da'vinci IC Resetter



常に最新の本体ファームウェアで動作実証済みです。
ICの内容は完全に解析完了していますので、半永久にリセット可能なはずです。

もちろん【ダ・ヴィンチ1.0A】以外でも、同カートリッジを使用している機種なら使用可能だと思います。

※2016.3.29 追記
ファームウェア1.3.2と、XYZware2.1.5.5の環境で正常動作したとのご報告を頂きました。
私の方でも確認済みです。



※2017.2.15 追記
お買い上げ頂いた皆様からの情報により、対応確認済み機種の一覧を上に追記しました。
今の所、非対応な機種のご報告は一件もありません。



※2018.2.9 追記
デザインがより良く変わりました。
ケーシングを変更しましたので、耐久性と安定度が進化しました!
端子の金メッキは変わりませんが、端子の工場が変わりました。
もちろん値段は変わりませんヾ(^▽^)ノ



お求めは以下からお願いします(・∀・)
「ABSシングル型」フィラメントカートリッジ ICリセッター 4,800円(送料込み)★


NEW!
ABSモードとPLAモードをスイッチで切り替えるタイプの「両対応型」も販売開始しました。
素材情報も温度情報も、もちろんフィラメント残量も書き変えます。
すでにバグ取りも完了しています。
また、ご希望により内部プログラムをいじって、ご希望の温度や、色を設定することも出来ます。

「両対応型」は、スイッチの内蔵など必要ですので、6,800円にてお譲りします。


ご希望の方は、右下の「拍手」からメールアドレスをお知らせください。
(公開はされません)








このようにフィラメントスプールを設置すると、3Dプリンター本体の改造は一切不要で、上部の隙間からエクストルーダーに直接供給できます(^^)/
たまに純正カートリッジをリセットしてやれば、いつまでも愛用できますね(*´∀`)

●上の画像で使用している『フィラメントスタンド』のファイル⇒フィラメントスタンド
ご自由にお使い下さい(;^ω^)  ※2016.4.27 ファイル更新



拍手[111回]

PR
△このページ最上部へ



URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら